So-net無料ブログ作成

ニューヨークドライカットについて [カドルのおすすめメニュー]


こんにちは。

サロンカドルマネージャーのAyumiです。
昨日に引き続きニューヨークドライカットのお話をさせていただきます。

まずは、なぜニューヨークドライカットが通常のカットの倍近く時間がかかるのか?

以下ざっと流れをご覧ください。

P1210460.jpg
まず、このように
アウトライン(ベースとなる長さ)
シェイプ(ヘアスタイルの要の部分、ここのカットでフォルムが形作られていきます)
トップ(つむじ周りの一番上にくる部分)
に分けてブロッキングします。


P1210462.jpg
次に髪の毛のくせを伸ばしていきます。
くせの強い方は生え際からしっかりと。


P1210463.jpg
さらにブローをして伸ばします。
髪の毛を正しい位置にもどしてあげる作業です。


P1210465.jpg
ニューヨークドライカットは毛先を中心に細かくカットしていくので
毛先が正確に見えるようにアイロンを入れていきます。


P1210466.jpg
ここまで下準備をして
ようやくカットに入ります。
1cmずつつまんで、テーパーというカット技法で細かく細かくカットしていきます。
イメージとして、筆の穂先を思い浮かべてください。
髪の毛が自然に先細りになって馴染んでいくように丁寧にカットしていきます。


P1210469.jpg
カットした髪の毛の落ちる位置を確認しながら
そして、カットした髪の毛の重なりが積みあがって造りだされる
フォルムを意識しながら
ボリュームを減らしたいところ
ボリュームを出したいところ
それらのすべてを考えながらカットしていきます。


この作業をひたすら繰り返し、カットし続けていきます。
いかがですか?
時間がかかってしまうのが理解いただけたと思います。

今だから言えますが
実は、本当にこの技術を追い求めていっていいのだろうか?
という迷いがありました。

日本の美容室でニューヨークドライカットを取り入れるところが少ないのは
あまりにも営業向きではないからです。
カット、シャンプー、ブローまでどんなに早くてもトータルで2時間
髪の毛の多い方や、スタイルによっては3時間かかった方もいらっしゃいます。
普通の美容室だとカット&カラーが出来ちゃいますよね。

ACCトリートメントを取り入れたことによりただでさえ時間がかかっているのに
これ以上時間をかけていいのだろうか?

本当に試行錯誤を繰り返した1年余りでした。

でも、私はこのニューヨークドライカットを
美しさを求める方に知ってほしい。
大げさではなく、カット一つでこんなにも変わる、ということを知ってほしい。
という思いで、オーナーに続けるよう助言しました。

何よりも、カットしているその姿が楽しそうに見えたのです。
もちろん、カットしている瞬間は神経がすり減るほど黙々と
髪の毛と格闘しています。
でも、仕上がってみたときの満足感というか・・・。

あぁ、オーナーって実はカットが一番好きなんだろうなぁ。と感じました。

考えてみれば、プラモデル造ったり、植物集めて飾ったり、収集癖があったり
凝り性のオーナーにはピッタリのカットだと思いました。

せっかく自分のお店を持ったのだから
自分の心が向く方へ進んでみてもいいんじゃないかな、と。

そして、ニューヨークドライカットを求めるお客様には
そのように対応してあげればいいんじゃないかな、と。

そんなふうに考えて
今やっと、こうやってブログに書いているところです。

日本にいるニューヨークドライカットをやっている美容師さんたちは
みなさん本当に〝美しいカット〟を追い続けていらっしゃって
そんな姿にも刺激されたのかもしれません。

せっかく美容師になったのだから
ただ伸びたから髪の毛を切る、のではなく
目の前のお客様の美しさをただただ追い求める
そんな熱い想いが、
ニューヨークドライカットをやっている美容師さんたちから伝わってきます。

サロンカドル
5年という節目を迎え
新たな出発点となりそうです。



Salon Cuddle(サロンカドル)のHP

オーナー京極智行のFB

TEL 03(6638)8740

OPEN:10:00~20:00
CLOSE:火曜日、第1第3水曜日

江戸川区瑞江4-44-10 1F



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。