So-net無料ブログ作成

続・新メニューです!!!湿気対策にストパン [カドルのおすすめメニュー]



瑞江駅から徒歩二分。

大通りから一歩入った住宅地の中にある

プライベートサロン 美容室 

Salon Cuddle【サロンカドル】ブログ担当マネージャーのAyumiです。




前回ご紹介した『ACC(アルキルカチオンコンプレックス)』の続きです。

『ACC(アルキルカチオンコンプレックス)』によって縮毛矯正の概念が変わった、と書きました。

何が変わったか。

それを今から説明しますね。





私くらいのアラフィフ世代の方は経験あると思いますが

湿気って髪の毛を膨張させるんですよね。

せっかく朝きれいにセットしてバシッと決めたつもりでも、雨降りで湿気があると

お昼ごろには、なんかイマイチさえない自分をトイレの鏡で見る羽目に・・・。

憂鬱ですよね。

なので、だいたい梅雨に入るころは毎年パーマをかけて

ごまかしてしのいでいたのですが。

今年は新兵器があります。

その名も『ストパン』

縮毛矯正という技術のひとつなのですが

従来の縮毛矯正とは大きく違います。

癖をただ伸ばすだけの矯正はどうしてもナチュラルさに欠けますよね。

ペタンとし過ぎてしまったり、毛先がピンピンしたり・・・。

ストパンの技術はそれらの欠点をカバーしてくれます。

ストレートアイロンと理容師さんたちが使うパンチアイロン(パンチパーマを作るやつ)

の二種類のアイロンを使って、髪の毛を伸ばしながら曲げる技術です。

なので、ストパンといいます。

昨年秋頃から少しずつ取り組みはじめ

ようやく皆様にご紹介できる運びとなりました。




とりあえず私のビフォーアフターをご覧ください。

ビフォー
P1130282.jpg

P1130279.jpg

ストパン後(カットはしてません)
P1130304.jpg

P1130309.jpg




変わってないじゃん!と思いますよね?笑

そう!一見変わってないところが『ストパン』の利点でもあります。

私は縮毛というほどの癖毛ではありません。

でも、湿気があると変なうねりや、ボワボワした毛が出て

生活に疲れた感満載な残念なアラフィフ主婦になってしまいます。

それがこの『ストパン』をしてからというもの

何度も雨の日がありましたが

朝、ドライヤーで乾かしただけで

艶々さらさらの状態が一日中続きます。

霧雨にあたってもボワボワした髪の毛になりません。

それによ~く見比べてみてください。

『ストパン』後の方が後頭部のふくらみが出ていませんか?

サイドの髪の毛に流れがありませんか?

髪の毛に艶がありませんか?

これは、『ストパン』の技術があるからこそ作れるフォルムです。

伸ばしながら曲げるので艶も損なわれません。

普通に縮毛矯正をしたら、艶は出ますが、きっと全体のフォルムは

ペタンとしてしまいます。

毛先もピンピンとしてしまいます。

縮毛矯正をしたとはわからないような矯正。

それが『ストパン』です。

縮毛というほどの癖ではないけど、

うねりや湿気による膨張に困っている方や、

今まで矯正をするからあまり短くカット出来ないで

ヘアスタイルのバリエーションが少なかった方たちも

この『ストパン』の登場により、選べるヘアスタイルが増えると思います。

今年は『ストパン』デビューの初年度なので

今までの縮毛矯正の料金に『カチオンコンプレックス』分の料金のみの

+2,000円で施術させていただきます。

『ストパン』という技術は『ACC(アルキルカチオンコンプレックス)』があるからこそ

可能になった技術なのだそうです。

私は素人なので良くわかりませんが

オーナーいわく、

「ACC(アルキルカチオンコンプレックス)がなかったら怖くて伸ばしながら曲げるなんて出来ない」

と言ってました。

高温のアイロンで伸ばしながら曲げることは

髪の毛に対するダメージを考えると、とてもリスクが高いことなのだそうです。

それを可能にしてくれたのが

『ACC(アルキルカチオンコンプレックス)』とのこと。




今年の梅雨は、

この画期的な新メニュー『ストパン』で

膨張する髪の毛から解放されて

艶々でさらさらな髪の毛で過ごしませんか?





Salon Cuddle(サロンカドル)のHP

オーナー京極智行のFB

TEL 03(6638)8740

OPEN:10:00~20:00
CLOSE:火曜日、第1第3水曜日

江戸川区瑞江4-44-10 1F






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。